前へ
次へ

鼻づまりの時には足湯がオススメ

鼻づまりの時には、足湯がオススメです。
足湯のお湯は、桶に入れて42度15分程度を目安に入ります。
その後温まったら、よく水気を拭いて体が温かいうちに布団に入って睡眠をよくとることです。
また、タオルを蒸して蒸しタオルにして鼻にあてることも効果的です。
鼻を温めることにより血流がよくなり、鼻づまりが楽になります。
のどが痛いときには、みかんを白い筋まで食べると良いです。
みかんの白い筋には、ヘスペリジンといった抗炎症作用成分が入っていて喉の痛みを和らげてくれます。
よく冬場にスーパーなどでみかんが販売されていますが、冬場にみかんを食べることは風邪予防や対処法になります。
風邪を引いていて、熱が高い場合には入浴してもよいかといった疑問がありますが、入浴は控えた方が良いと言われています。
理由は、入浴により水圧や熱さから体力が消耗して、ますます治りにくくなるからです。
治すことを先決に考えて、体力はなるべく温存することを優先して入浴は控え濡れタオルで体を拭く程度にしましょう。

Page Top